2007年4月1日日曜日

別なフクロウ

日当たりの雪はすっかり消え、寒さも和らぎ、天気の好い日は外に出かけたくなる。2月28日はそんな日で、近場で気軽に行ける自然ところというと野幌森林公園になる。先週行ったばかりだが、フクロウを見にまた行ってきた。今度は別な場所でフクロウを探そうと思い、前に噂に聞いた瑞穂の池の近くで探索したが、ここはフクロウが住み着いている様子はなく、フクロウの姿を見ることは出来なかった。写真は瑞穂の池、樹木の周りの雪が解けて早春の風景である。

大沢口に戻り、訪れている人にフクロウを見なかったか尋ねると、大沢口には今日は姿を現わしていないが、昨日は見たと話してくれた。又、散策から戻ってくるオバサン3人連れに同じように尋ねると、今日はあっちの方には居なかったと大沢園地の方を指したので、場所だけでも確認しておこうと思い、家に帰る時間だったが、すきっ腹を押さえてそっちに向かった。駐ヒツの碑の入口を100mほど過ぎたところで、右側の林の中からオバちゃんが飛び出してきて、ちょっと興奮しながらあそこにフクロウが居ると手で指して教えてくれた。しゃがむようにして、指された方に目を向けると、木立の向こうにフクロウが地上2メータくらいのところにある木の洞の中に居るのが見えた。森の神様のように見える。フクロウの居るところから正面20mくらいのところが撮影ポジションとなっている。既に、熟年夫婦の組がカメラを据えて陣取っている。その隣に入れさせてもらい写真を撮ることにした。ここに訪れている人たちの話を聞いていると、この付近にもう一箇所、古くからフクロウがいる場所があるらしいが、今日は留守のようだ。こっちの方は最近、住みだしたようだ。

3脚を立ててカメラを据えていると、だんだん人が集まり始めた。腰まで雪に埋まりながらも真っ直ぐこっちに向かってくる人もいる。昨日は向こうの方にフクロウは居たと話す人も居る。つまりは、この人、毎日、フクロウを見に来ている。万歩計も持っている。2月の中頃、ここを通った時、林の中に向かって、無数の人が通った跡があるのを見つけて不思議に思ったことがある。今日その謎が解けた。その時はその足跡の先にフクロウが居るとは全く思いつかなかった。突然、「フクロウが目を開けた」と隣でカメラを覗いていた人が教えてくれた。その時のショットが上の写真である。いつの間にか、空が黒い雪雲に覆われ始めた。雪は降り出したし!写真は20カットほど撮ったし! 昼飯も食わずに一万歩は歩いたし!と思っても退けるのに躊躇いがあった。

3 件のコメント:

Owlnet さんのコメント...

久し振りに訪問して見て驚きました。何と「別なフクロウ」に写真が載っているじゃないですか。最初の投稿には無かった様に記憶していたが。
それはどうでも良いのですが、良いのが撮れましたね。いや、凄い。フクロウの佇まいが素晴らしい。
フクロウが目線とほぼ同じ位置なので、「どうして?」と思ったが、文章を良く読むと納得が行きました。そんな低い位置にでも住処にするのですね。
所でこれは何ミリのレンズで写した事になるのですか?

north-nature さんのコメント...

Owlnetさんに感心してもらい大変光栄です。レンズはいつもの300mmX2倍を使ってます。デジカメのCCDがAPSサイズなので、fは1.5倍増しで900mmとなります。載せた写真は原画の4分の1くらいトリミングしたものですので、1800mmくらいの望遠で撮った感じの写真になっていると思います。夜猫子さんにもっと好く写真を見てもらえるようファイルをメールで送っておきます。

Owlnet さんのコメント...

オリジナル画像を3枚受け取りました。どうも有難うございました、これを到着したばかりの20インチワイド画面で見ました。流石20インチともなると迫力がありますね。しばし見入ってしまいました。今朝もまた見ましたが何度見てもいいものです。

実は普段使っていたノートの電源周りが突如故障。そこで急遽、購入する羽目に。選んだ機種はデルのWindows Vista Core2 Duo,IGBメモリ,デスクトップタイプ。これはテレビ機能付だが、同時に購入したワンセグの方が綺麗に映るし、画面の脇にちょっと出して置けるので便利。

所で太美にあるロイズ直売所にフクロウの写真が多数掲げてあるのをご存知?
North-Natureさんのフクロウもそこの仲間に入れて貰いたいくらいです。