2007年3月2日金曜日

彼方の山々

3月に入り雪融けの季節を迎え、何か嬉しさを感じ、ほっとした気持ちになる。昨日、2月26日にモエレ沼公園のモエレ山(標高62m)の頂上から遠くの山を撮影した写真の現像が出来上がった。撮影に出かけた日は朝から雲ひとつない快晴で、地平線付近まで青空が広がり、遠くの山を撮るには絶好の日だった。狙いは大雪と十勝連峰だったので、陽が西に傾く午後に出かけた。撮影は長年冷蔵庫にしまってあった賞味期限切れのポジフィルムを使った。写りは色にコクがありまろやかだった!

十勝連峰、左からオプタテシケ山(2012m)、美瑛岳(2052m)、十勝岳(2077m)、富良野岳(1912m)と思われる。 距離は直線で100Km強、方角は73度方向。山の下、岩見沢市街も遠くに望める。望遠300mmで撮影。オプタテシケ山の左に白くかすかに写っている山はトムラウシかも知れない。


望遠600mmで撮った十勝連峰。

この十勝岳を見るたびに、去年の9月に苦しい思いで登ったことを思い出す。下の写真は登山中に撮った十勝岳頂上付近の写真。尾根に沿って登っていく。頂上まであと1キロ半、気持ちばかりが先に行き足が重く着いていかない。
大雪の山々、左から北鎮岳(2244m)、旭岳(2290m)、白雲岳(2230m)と思われる。
距離は130Km程度、方角は63度方向。望遠600mmで撮影 。十勝連峰や大雪山のように、多くの山が連なっている場合、遠くから山を特定するのは容易でない。山容は見る方角によって全く異なることが多く、山の方位や高さを正確に測る道具も要る。それゆえ、折角、撮った山を断定できない悔しさがちょっと残る。


芦別岳(1727m)。そんなに有名な山ではないが、日本200名山の一つで北アの槍ヶ岳のような尖った山容に人気がる。東京方面から、わざわざ登りに来る人が少なくないようだ。距離は70Km、方角は80度方向。望遠600mmで撮影。


夕張岳(1668m)。高山植物の多さでは日本で有数の山である。江別の王子製紙の工場も写っている。距離は66Km、方角はほぼ真東。望遠600mmで撮影。 今年の夏に登山しようと思う。生息している高山植物とナキウサギの写真をとりたい。

暑寒別岳(1491m)。距離は66Km、方角は10度方向。望遠600mmで撮影。 いつか登ってみたい山のひとつ。

天気が好く大気が澄んだ日には、遠くに沢山の山が見える。しかし、名前も知らない山が実に多い。札幌の街から見える山くらいは名前を知っておきたいと思う。又、どれくらい遠くの山が見えるかも興味がある。山にはそれぞれに歴史や逸話があり、山の魅力を増している。それらを知れば知るほどとりつかれ、その山に登って自分で確かめたくなる。 登山には体力の維持が欠かせない、最近、地下鉄の階段を登っただけで、息が切れる。道路を歩いていてもオバサンに追い抜かれる。夏に向けて身体を鍛えるか!


1 件のコメント:

Owlnet さんのコメント...

そろそろ更新しているのじゃ無いかと思い見たらありましたね。モエレ山からでも結構遠くの山々まで見えるのですね。今日はこれから出かけるので改めてコメントします。